Beauty

スキンケア

保湿を強化して潤い肌へ

フェイスラインの緩みや毛穴の開き、ほうれい線などの肌の悩みの原因は、たるみによるものです。 加齢によって肌の潤いを保つ機能が失われてきて、たるみを起こしてしまいます。 ピンと張ったハリのある肌を取り戻すためにも、まずは保湿をして肌の機能を高める努力をしましょう。 保湿に効果のある成分はヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドです。 これらが配合された化粧品を使用して、肌の潤いを閉じ込めるスキンケアをしていくのが有効です。 また、どんなに良い保湿成分であっても、肌に浸透してくれなければ効果が現れません。 化粧品を選ぶ時には、効果的な浸透技術が使われているかどうかも鍵となります。 ナノ化やカプセル化などの技術が使われていて、肌に浸透しやすくなっている化粧品を選ぶのが大切です。

肌のハリと弾力の元コラーゲン

私達の肌の構造は表面から、表皮、真皮、皮下脂肪という三つの部分からなっています。 肌の大部分を占めているのがコラーゲンで、約7割にものぼります。 コラーゲンは真皮に存在する成分で、網目状に広がって肌の土台として支える役目を担っています。 何とこのコラーゲンは17歳から18歳を境に徐々に減少してきて、30代あたりからは減少率も加速してきます。 そのため、肌の弾力が保てなくなりしわやたるみが生じてしまいます。 これらの肌の悩みを改善していくには、化粧品でいかにコラーゲンを増やせるかが重要です。 それに有効な成分がビタミンC誘導体やプラセンタなどで、真皮のコラーゲン生成を促す効果があります。 これらが配合された化粧品を継続して使用することにより、しわやたるみを改善していくことができます。